高校生レストラン「まごの店」は、三重県多気町にある県立相可高校「食物調理科」が運営しています。

高校生レストラン「まごの店」


 まごの店は平成14年10月26日、五桂池ふるさと村「おばあちゃんの店(農産物直営施設)」の食材を利用した、相可高校食物調理科生徒が運営する調理実習施設としてオープンしました。この実習施設は相可高校・ふるさと村・多気町(産・官・学)が協働して実現したもので、開店以来“生徒たちのきびきびとした元気な姿”や“美味しいうどん”などが話題を呼び、ふるさと村への入場者数の増加とともに「おばあちゃんの店」の売り上げアップなど波及効果も大きく、地域の活性化につながっていきました。
 このページは、「多気の地域情報」がボランティアで、高校生が経営するレストラン「まごの店」と、施設を運営する県立相可高校食物調理科の生徒たちを応援するために開設しています。
【重要】誠に勝手ながら当サイトは2015年7月以降無期限更新停止とし、今後はメモリアルサイトとして公開させていただきます。取材依頼や写真提供等各種お問い合わせにも対応いたしかねますので、何とぞご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
営業日など最新情報は「相可高等学校(食物調理科)ホームページ」でご確認ください。

informationお知らせ

◆高校生からの熱いメッセージをお伝えします! 
 彼らは、全国的にもめずらしいこの“ユニークな取り組み”を通して、地域活性化に寄与していきたいと考えています。
 “地域の夢を乗せた、日本中どこにもないレストラン”です。
 どうぞ人口1万人余りの小さな町の熱い取り組みに、今後とも応援よろしくお願いします。

  2014年4月 食物調理科生徒の活躍などを記録したYouTubeページがオープンしました。

「まごの店」厨房にて

高校生レストラン「まごの店」全景


三重県多気郡多気町大字五桂956
「五桂池ふるさと村」内



高校生レストランのまち多気町